2016年 10月 の投稿一覧

二世帯住宅の間取りを決めるポイント

最近では二世帯住宅だからといって寝室以外全てを一緒にしているという人は多くいません。お互いの生活スタイルを守りながらも協力して生活していくというのが最近の主流となっています。特にこれから二世帯住宅を新築しようと考えている人はどのような間取りにしてどの住宅タイプを選ぼうか迷うところですが、ポイントを何点か抑えておくようにすると決めやすいです。まず最も重要なことは夕食をどのようにとるのかという部分です。一緒にとることが多いのであれば共用にした方が良いですしとらないのであれば別々にした方が良いです。浴室に関しても同じ考え方で時間が重なるのであれば別々にする必要があり、異なるのであれば共用にしてしまった方が費用が安く済みます。また、玄関は一緒にするのかしないのかでも感覚が違ってきます。この部分を重点的に考えてみて、どのような生活スタイルになりそうなのかを家族間で話し合うとどの住宅タイプにする方が良いかおのずと決定できます。

外壁リフォームで変わる住宅

新築時は綺麗な外壁であっても、年月を経ると剥がれや錆が目立つため、リフォームする必要があります。外壁リフォームは建物を長期に渡って維持するために大切な作業であり、見た目も美しくなるため、新築同様の仕上がりが期待できます。外壁リフォームは専門業者が担当しますが、最新塗料から定番塗料まで各種揃っているので選択肢は豊富にあります。最新塗料の中には塗り替えが20年以上不要の塗料があります。コケが生えにくく有害物質や紫外線もカットしてくれるため、住宅を健康に保てます。定番塗料の中には昔から使われている物や、洗い流すだけで汚れが落とせる物もあります。リーズナブルな塗料もあるため、予算やライフスタイルに合わせて自由に選択できるのが魅力です。外壁リフォームは塗料の種類も色も好みで選べるので、思い切って模様替えができます。これまでとは違った色を取り入れれば、住宅全体のイメージも変わるため、気分も一新します。

水廻りリフォームにかかる費用

水廻りとは水を使用するキッチンやトイレ、浴室などの場所を言います。水廻りが最初から最新の設備が備わっていると便利です。キッチンならアイランドキッチンの方が景色を見ながら料理が出きてしまい、トイレに温水洗浄便座機能があると冷たい水ではなく温かい水が出るとお尻が温かくなります。浴室に至っては湯につかると問題ないのですが、シャワーだけの場合は身体が温かくなり血行が良くなる暖房機能が付いていると生活が快適になるので便利です。ですが水廻りは最初から先のような機能が付いているのですが、月日が経つにつれて古くなっていきます。古くなると交換すれば良いのですが、機能を前のように使用したい場合は交換するよりも水廻りリフォームの方が良いです。水廻りリフォームをすると業者が前のように機能を使用できるようにしてくれる他、更に役に立つ機能を追加します。水廻りリフォームの費用は225万円から350万円と非常に高いですが水廻りは交換するより三重のリフォームする方が良いです。

古くなった家をリフォームするという選択

家というのは生活をしていくためにはなくてはならないものです。そして、良い環境の家はそこに住む家族の関係をより良いものにしてくれます。家というのは残念ながらいくら大切に使っていたとしても年月が経過するにつれて古くなり、劣化が現れるのは仕方がないことです。その都度メンテナンスをしてそこで生活をしていたとしても限界があり、どこかのタイミングで大きな決断をしなければならない時がきます。その時の方法には新しく家を新築するのか、使える基礎などを残して大きくリフォームをする方法があります。あまり、予算に余裕がない時やインテリアなどの生活に必要なものにお金をかけたい時にはリフォームを行うのがおすすめです。建築家に依頼して行えば大きく様変わりし、元の家がどのような感じだったのか分からなくなることもあります。また、大きな柱などをそのまま残せば前の家の思い出をそのまま残すこともできます。新築を好む方も多くいますが、リフォームでも新築のようにうまれ変わリます。

新築とリフォーム住宅のエリアの違い

家を新築で買うのか中古リフォームするのかで色々違いがあります。特に自分が住みたいエリアによっては新築が多いエリアと中古物件が多いエリアと違いがあるので、あらかじめ知っておくと探しやすいです。比較的新しい物件が多いエリアは、都市の中心部や近郊でも駅が近いなどの通勤や買い物の便利が良い場所です。ただ、都市部になると一棟あたりの販売戸数がとても少ないので購入するのがなかなか難しいというデメリットもあります。一方中古物件が多いエリアは駅から徒歩圏であり、住宅街が多いです。中古物件の方が新しい物件よりも選ぶ幅が少し広がります。住宅街に多いということは都市部以外にも広く物件があるということです。しかし、中古物件だとしても利便性の良いエリアの物件はとても人気があるのである程度目をつけたら、早急に行動に移すようにした場合が良いです。また、その際はしっかりと予算などの相談も業者とした上で決めるようにすると後悔しません。

マイホーム購入の住宅ローン

一般的に考えてみると、一般企業に勤めている人ですと、コツコツとお金を貯めてきたとしても、現金一括でマイホームを購入することができる人は少ないです。たいていの場合は、マイホームの購入にあたって、住宅ローンを組んでお金の借り入れをして、夢のマイホーム購入につながっていきます。そして、住宅ローンは最長35年の返済で返していくことになります。かなり長く返済していくものとなるので、住宅ローンの借り入れ先はできるだけ慎重に検討する必要があります。どのようなところから借り入れをするのが良いかというと、金利と手数料を重要視したほうが良いです。金利については低めの設定になっていること、繰上げ返済するときにはできるだけ手数料が無料になっているところを利用していきます。これで、間違いなく安定した住宅ローンの借り入れができます。返済額を少しでも少なくしていくためには、できるだけ繰上げ返済を行なっていくのがよいです。

いい家の条件「施工品質」

いい家の条件は見た目の良さだけでなく、注文住宅の新築で大事なことは施工品質にあります。
家は長く住まいするものです。施工品質が悪いと住んでいるうちに修理しなければならないところが次々に出てくることがあります。
例えば建築する宅地では地盤の強度などに問題があるといかに建物をしっかり立てても傾いたりすることがあります。建築は建築する場所の地盤をしっかり確認することも品質管理の一つです。
また竣工に間に合わせるために基礎工事においては十分に強度が出る前に、土台を乗せて工事を開始すると弱い基礎になり地震などでクラックなどの亀裂が入る事があります。基礎の強度がしっかり出るまで待つのも大事な品質管理になります。
また建築図面通り施工しても利用する建築資材によっては強度不足につながります。
例えば節が多かったり基準よりも細かったり薄かったりすると地震などで壁やいろいろな所に亀裂が入ったり、ゆがんだり傾いたりなどの影響がでてくることがあります。
また床下や天井裏など切りくずやいろいろなものをそのままにしてふさいでしまうとシロアリや悪臭の原因になることもあり施工品質が悪い例となります。また浴室のユニットバスの床の施工が悪いと排水がオーバーフローして床下に広がったり、換気が悪いと湯気などの蒸気が天井裏に広がり湿気が悪影響を及ぼします。
また窓枠工事などしっかり施工しないと雨水が壁の中に入り込んだり部屋の中に入る事もあります。さらに壁や床、天井の断熱材の入れ方により効果が十分に発揮できないこともあります。
これらのように特に目に見えないところに十分注意をはらい建築することがいい家の施工品質につながります。また建築現場はいろいろな業者が出入りし、それぞれの業者が施工品質を心がけて行う必要があります。
三重県の工務店で注文住宅、施工品質が良い建築とは外観だけでなく、目に見えない部分でもしっかり確実に施工され、単純なミスやクレームなどが発生しない家ということです。

いい家の条件「デザイン」

結婚してアパートに暮らしている方や、実家の方でそろそろ自分のマイホームが欲しいと考えていらっしゃる方もいると思います。
マイホームといってもマンションや一戸建てがあり、一戸建てには分譲住宅や注文住宅があります。
その中で、どれが一番自分に合っているのか、価格の問題や近所付き合いの問題などでいろいろ悩みます。
マンションは大きな建物の一角を購入するので、一戸建てのように庭や二階などはなくワンフロアで角の部屋でない限り両横には他の人が住んでいます。
しかし、町内会に入ったり、ご近所付き合いは少なくてすみますし、マンション全体で積み立てを行ってメンテナンス費用に充てる所が多い為、一戸建ての様にリフォームなどの急な大きい出費は少なくなります。
一戸建て分譲住宅は、建売ともいわれ、その名の通りすでに新築住宅が建ててあります。
その外観やデザイン、間取りなどを実際に自分の目で見て、納得する家であれば購入することが出来る家の事で、実際に実物を見る事が出来るので間取りが違うとか、デザインが思っている物と違ったなどという事はありません。
三重県の注文住宅はほぼ自分で建てる土地や家のデザイン、間取りに至るまで決める事の出来る新築住宅の事で、全て自分で決められる代わりに、サイディングや屋根材などはサンプルしか見る事が出来ません。
実際にその材料を使用している家を見る事が出来れば雰囲気は伝わりますが、そうでない場合には自分が思い描いていた外観ではなかったと思う事もあります。
間取りなども自分で決めることが出来るので、リビングを大きくしたい、お風呂は広い物が良いなど設計段階で伝える事で思い道理の部屋を作る事が出来ます。
自分の思い描いているデザインの家にする事で毎日が楽しくなることは間違いありません。
そのデザインを失敗しない為には、建てる前にしっかり自分の思い描く家と似た造りの家を見てどのようにすれば更に自分の好みになるか、しっかり勉強する事で失敗しない家づくりが出来るでしょう。

いい家の条件「インテリア」

注文住宅を新築で購入した次にこだわりたいのが、インテリアです。注文住宅で発揮したオリジナリティをさらに表現出来るのが、インテリアではないでしょうか。インテリアを選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。ここでは、インテリアの中心とも言うべきリビングセットについて考えていきます。リビングは、家族の集まる場所です。朝起きたら、ソファに腰掛けテレビを付ける。帰宅したら、皆が集まっているリビングに行き、今日一日の出来事をお互いに話すなど、リビングは、家族にとって重要なコミュニケーションの場所なのです。コミュニケーションを円滑に行えるようにする為には、座り心地の良いソファと主張しすぎず使いやすいローテブルが必要です。必要であれば、床にラグを敷いても良いでしょう。リビングの主役といえるこの二点をしっかり選ぶ事で、住宅内のインテリアの要素が決定すると言っても過言ではありません。大きな面積を占めるソファとローテブルが基本となって、他のインテリアも決まっていくのです。さて、重要なインテリアの選定の仕方ですが、まず、ソファは必ず店頭で座りながら決めましょう。インターネット通販で買う事はあまりお勧めではありません。インターネット通販で購入する場合は、何度か試したものを購入するようにしましょう。これは、長く使うものですから、実際の座り心地やファブリックの感触、座ったときの目線の高さなど確認しなければならない点がたくさんあるためです。また、それらの確認項目は、実際に触って使用してみなければ分からない事なので、必ず、現品を確認しましょう。ソファの高さが決まったら、次にローテーブルを選びます。この場合、どちらから選んでも良いですが、ソファを先に決めてしまった方が、テーブルの高さを決めやすいと思います。ローテーブルを選ぶポイントは、大きさ、高さ、素材の3つです。リビングの広さにあった大きさで、ソファの高さにあっていて、リビングとソファの素材と合っている事を基本として選定しましょう。