設計事務所に依頼するメリットデメリット2

夢のマイホームを建てるときに、よく考えたい点の一つとして間取りがあります。
注文住宅の場合、すべてが自由に決められるというメリットがありますが、反対に専門知識がないと間取りを作り上げることが出来ないというデメリットもあります。
間取りに対して、正しい知識をきちんと持ち合わせていて、さらに理想通りの間取りに近づけてくれるのが設計事務所の役割です。
設計事務所に依頼すると、建築方法に合わせて可能な窓の大きさや数、部屋の広さの制限なども考えた間取りの提案をしてくれます。
しかし、注意しないといけない点もあります。
設計事務所では多くの人が使いやすいと感じる間取りの提案をしてくるケースが多いものです。
そのため、こだわりたい点や譲れない点などをきちんと伝えていかないと、注文住宅であっても建売住宅のような間取りとなってしまう可能性もあります。
また階段下などのスペースが活用されていない場合もあるのでチェックが必要です。

SNSでもご購読できます。